酪農におけるふん尿処理システム「MO(エムオー)-ラグーンfor Dairy」2023年春 森永乳業グループの牧場へ導入予定

[森永乳業株式会社]
1996年をピークに減産傾向が続いてきた国内の生乳生産量は、国や酪農乳業関係者による取り組みの結果、2019年から3年連続で増産になりました。一方で、酪農家の飼養規模拡大は進んでいるものの、戸数は毎年減少し…
Source: 国内旅行プレリリース

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA